火群日記
稽古場日記。

Big_kirakira_5

Big_kirakira_5
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.05.22 映画鑑賞
DVD鑑賞しました。
まずは「ベオウルフ?呪われた勇者?」
アンジェリーナ・ジョリーが出ていて、以前日記に好きだと書いたので
好きだと思われていた。好き…なんですけど、きっと役によります。
Mr&Mrsスミス(?)とかいまいちだったし。
今回もビジュアル良ければいいんでしょ的な役でいまいちでした。
この作品の感想は、、、男は愚か者。
本当に大切なものを失いやすい愚か者。男は…っていうのも変なんですが、
でもそういうとこある気がする。。。
女はそんな愚か者をやっぱり愛するみたいなんですけどね。
目の前の素朴で大切なものは些細なことで失うんです。
CGと人間の混ぜ方をがんばっていたように思う作品でした。
生々しい人間は一切出てこないでゲームの世界観に意気込みが見えた感じ。

そして「アメリ」これは以前から見たくて仕方なかった。
どんな話か全く知らなかったのですが何だかやたらと評判が良かったから。
見てなんとなく分かった。
上映時に見なくてよかったと思う。前の精神状態なら良さを見逃したかもしれない。
まだまだテカテカしてたんで(笑)
主人公のアメリって一見変な人なんだけど、人間の中にそういう要素ってありますよね。
彼女が繰り広げる作戦も、実行してしまったら本当はすごい変な人。
終始次は何をするのかどきどきしてました。
こうやって生きられたらいいなと思うけど、生きられない私は勇気がないだけです。
「人間関係」「恋」「自分」そして「人生」のテーマが、一見ぶっ飛んだ設定なのに、
なぜか全部に「そうだよな」と思ってしまった。そんな作品。
私の一番好きな表現方法です。

最後に「スキヤキウェスタンジャンゴ」。「すき焼き」でした。
キャストを見てとにかく見たいと思ったのだが、、、
衣装や美術は面白くて好きでした。ただネタが私の理解しにくいシュール系で、
多分酒井とか八木さんは好きなんかなぁ?と思ってみてました。
(好きでなくても理解できそうだなとか)
ストーリーはごくごく単純明快。嫌いじゃないけど苦手な作品です。
役者は、桃井かおり、一時期癖ありすぎて嫌いだったんです。
可愛いだろう役とかはっちゃけたキャラがどうも好きになれず。
でも静かな格好いい芝居したらむちゃくちゃいい。最近はあたりおおいです。
伊勢谷友介さんはラスボスだったんですが、
顔やスタイルははむちゃいいけど演技に重さが無いし、
なぜ(共演してたんですが)木村よしのは付き合っているのか。。。関係ないですね。
でも格好よかったです、確かに。
木村よしのは嫌いじゃないです。頑張ってはった感じが。
伊藤英明、主人公だったんですが渋い芝居してました。
あんま銃とかイメージなかたんですが(一見弱そうだし)
でもウェスタンハットから除く子犬のような目が可愛かった。
石橋貴明、ギャグでした。ギャグでした。全てがきっとギャグでした。
佐藤浩市はめずらしく馬鹿キャラで、いい味でシュールな笑いでした。
香川照之、意外に結構好きな役者さんなんですが、
一人で(冗談で)二役してしゃべってるとことか佐藤浩市と統一の取れたシュールな笑いが
可愛面白かったです。

あぁ、芝居したい。

電話の力はすごい。
喧嘩しても相手を殴るとかいうことにならないし、思ったことが言いやすい。
落ち着いて話できやすいし(切らなければ)話から逃避しにくいし。
そんな力なしに人間は対話できるといいですね。
人間は本当に未熟者です。
私は電話より対面のほうがすきなんですけどね、やっぱり人間なんで。
あぁ、ややこしい世界に生きていたくない!!もっと単純なんだよ!人間は!!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://homurahomurahomura.blog66.fc2.com/tb.php/308-11c4cca0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。