火群日記
稽古場日記。

Big_kirakira_5

Big_kirakira_5
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.01.18 アース
おデートで映画のレイトショーを観に行きました。
かの渡辺謙が語りをしている『アース』です。
ドキュメンタリーです。
デートで、しかも映画館でわざわざ観るものかと
最初はあまり興味は無かったのですが、
とんでもない、これこそわざわざ映画館で観るものだ!と興奮冷めやらぬ感じです!!
(デートで観るものかはとりあえず置いておきます(汗))
観てる最中私は声を発したくて仕方ありませんでした。
映画館でもお客が二人だけなら絶対興奮して話し出していました。
自然の広さがスクリーンに体感的に広がり、
三方からの体に響き渡るような音響、
映画館の醍醐味がこれ以上ないほど生きています!

地球で一番過酷な色は白です。
水の激流と氷。大地の砂煙。樹木の枯渇。大気の波。そこに住む生き物たち。
全て白い。
穏やかな色は青です。
空。茂る樹木。陽の当たる海。生物の生きる場所。
頑なな色は黒です。
岩。深海。頑なに身を守る生き物たち。
そして、地球外に生きる激しい色は赤。太陽です。
地球から観る自然ってこんな色してたんだと改めて。
実写なのか加工映像なのか疑いたくなります。

チーターに襲われたガゼルに色気を感じました。(エロい)
ライオンやチーターの筋肉の躍動感にやられました。
ゾウの優しい目、動物たちの個性豊かな目に優しさを覚えました。
白熊のモコモコに癒されました。
親子の言葉ない語らいが心に染みました。
群れをなす鳥や魚に圧倒されました。
渡り鳥にロマンを抱きました。
(やはり何か一つ願いが叶うなら、空を自由に飛びたい。)

広大な自然にぞくぞくしました。
地球そのものが、地球上の生き物全てが芸術です。

きっとDVDとかを家で観たら癒されて寝るでしょう…
流石に2時間近く観ると途中お尻の痛さに集中力が切れました。
そして途中の構成のテーマからの若干の外れっぷりや同じ効果での描写に、
技術の素晴らしさを越え飽きてきたり…
最後のまとめがありがちストレートで少し萎えたり。
でも、映画館で観る価値ありました!
日常で悩んだり、苦しんだりしているのがとても愚かな行為に思えました。
自分の視野はこんなに狭い。どんなに開けた人生のつもりでも、
所詮は井の中の蛙だと思い知らされ、些細な事が下らないと思え、
自分の大切なものがすごく愛おしく思えました。カップルでもいいですが、
カップルより夫婦、または家族とかで観て欲しいです。
私たち人間も地球と一緒に芸術の一部であれば、そう感じました。
お勧めです★
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://homurahomurahomura.blog66.fc2.com/tb.php/244-73ffef61
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。