火群日記
稽古場日記。

Big_kirakira_5

Big_kirakira_5
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久しぶりに自分で髪を切りました。

というのも、ちょっと前髪が長すぎて練習中に顔がかなりかくれてしまうからです。

すきバサミでちょきちょきと…。

自分的には、ん?まあまあ?ってかんじに仕上がりました。てかこわくてちょびっとしか切らなかったので、あんま変わってないっちゃ変わってないんですが…。

さてさて明日は本番前最後の休みです。
スポンサーサイト
2007.07.28 ドキドキ
うちには体重計がありません。

なので、体重計持ってる友達の家にいったときとか実家に帰ったとき位にしか体重をはかれません。

だいたい数ヶ月に一回しか機会がないので、たまにはかってめっちゃ重くなってたりしたらショックです。

そして最近で最後にはかったのが4ヶ月前くらいなので、そろそろ気になるころ。てかこのごろ間食ばっかしてるしなあ…
仮ビラを熱海で挟みこもうと模索中。
演出から駄目だしと要求の嵐
できるのかなぁ仮ビラ。
脚本構想が変化したので没になった絵とかありました。
構想は今どうなっているのでしょう?
脚本は進んでいるのでしょうか?
と、主宰本番前にも関わらず想いを馳せています
初めは珍しく女性が結構メインの話だったのが、
やっぱりそこは火ノ鳥忍、男性の独壇場となりました(笑)
さてさて、頑張って仮ビラ作るぞ!!

手放しで話が出来る携帯用イヤホンを母からもらう。
つかえるのかなぁ?って思いつつ、芝居で作業しながらは?って言われて、
あ、仕込み中なら便利?って思ったけど、ホントに使うか??
寝ながら長電話するにしても微妙だしなぁと思いつつ。
車でも使えないなら需要はどこなんでしょうね。想像がつかない。
そもそもそんなに電話しないしね(笑)
2007.07.26 パイナップル
070726_1357~0001.jpg普通丸々買わんやろ?と言われ…
パイナップル丸一個!初めて買ってみました!
何となくそんなテンションで!
危なっかしいと言われつつ包丁でざくざく切りましたとも。
何だか葉の部分が可愛らしくて捨てずらい感じで(笑)立派だ。
2007.07.26 七転び八起き
テストも終わってようやく一休み……

してられません。火曜には通しがありました。そしてもう小屋入りまで二週間もない。あっという間です。ついこの間練習が始まったと思ってたのに…。

でも本番がせまってくるにつれて練習はどんどん濃いものになってきています。いつもそうだけど、ここからが苦しくて楽しいとこですよね。気合入れなおして頑張ります!!


2007.07.25 刺激
熱海の現場にお邪魔させてもらう機会があった。
現場では衣装合わせがあったのですが、
その時衣装をしているピンク地底人の蔵ノ介さんに初めて会いました。
演出の川渕さんから噂は少し。火ノ鳥にどんな人か聞くと天才だとか。
仮の衣装プランを見て確かに「天才」だと思いました(笑)
久しぶりに刺激的な感じで。
「つか」の脚本もそうですが、ジェットコースターに乗った後みたいな気分になる。
テンション上りますね。久しぶりに。
熱いの好きです。最近刺激がないのでいい感じでした。
070723_2247~01.jpg


今日の夕食。ケッペキの人たち7人で百万遍近くのお好み焼き屋に行きました。そこでたのんだBIGなコレ!!

お値段は6630円です。

もはや安いのか高いのか分かりません。

写真では分からないけど、上に乗ってる具はツナやチーズから納豆、カレーまでなんでもござれの10種類!

でも納豆は微妙だった。やっぱり微妙だった。なんでも乗せればいいもんとは違うだろ…
2007.07.21 関西テレビ
今日は久しぶりの北青で毎週土曜のダンス練。

芝居の方に先立って、シーンのダンスはだいたい形が固まり、ひとまず安心です。毎日踊らないとすぐに合わなくなってしまうので、毎日数回は踊っといてとのお言葉。りょーかいっす!!


あ、それから北青で劇団ZTONの方々と会いました!!お久しぶりでした、河瀬さん!葛井さん!

なのに全然話せなかった…。

あれです。人見知りです。いや、お二人に対してではなくて、一緒にいたZTONの方々に。

重度です。これは。治しようないです…。


そんなわけでちょいヘコんで家に帰ってテレビでサッカーのオーストラリア戦を横目見つつ風呂にはいったりなんやかんやして、さて勉強しよっかな。テレビ消す前にちょっとチャンネル回してみたら、




8CH 関西テレビ 土曜プレミアム



「時をかける少女」



っつ!!



説明しますとこの映画、去年の夏に公開されたアニメで、日本アカデミー賞のアニメーション部門を受賞した映画なんです。

恋です。青春です。ジブリにも負けてません。

映画とかツタヤで借りりゃいーじゃんと思ってた駒嶺が人生ではじめて買ったDVDがこれです。

夏を前にぜひおすすめの作品です。


つか見た時にはもうエンディングでしたけど…
2007.07.19 ツンツン
このごろの雨で湿気が多かったのがよかったのか、誕生日にケッペキの松田さんからいただいたサボテン君が元気です。

なかなかキュートでしょ?こいつ。



TS.jpg

  
水とかやんなくていいし、楽です。てかなんにもやらなくていいし。
今日はバイトも稽古もオフという珍しい日なので映画を観に行った。
(初めは映画観る予定はしていなかったんだけど流れで)
映画館を訪れる事事体久しぶりだ。最後に行ったのは「妖怪大戦争」だったなぁ
実は300(スリーハンドレッド)を見たかったのだが、
一緒に行った人と趣味の一致した「パイレーツオブカリビアン」になったのだ
でも、すっごい面白くて久しぶりにドキドキしました

ジョニー・デップが主役?なんですよね。
オーランド・ブルームが主役なのに食われてるという話を聞いた事があったけど、
ジョニー・デップが悪徳ヒーローならオーランド・ブルームはヒロイン、
そしてさしずめキーラ・ナイトレイが正義のヒーローだと思った
変な解釈だけど何となく(笑)
オーランド扮するウィル・ターナーがキーラ扮するエリザベス・スワンにプロポーズするのだが、
そのシーンが一番ドキドキしました(女の子だなぁ私
何と、ラスト殺陣の中闘いながらプロポーズするんです
吊橋効果万歳ですよ(冗談ですけど)
070718_1836~0001.jpg
二人が闘いながら綺麗に連携プレーするのがカッコイイと思い、
そしてその死に物狂いとも言える熱い告白に
「熱い!」と思いました!
きゅーんっとしましたね
そして、エリザベスが何かすごい格好よかった!実は一番お気に入りかも。
綺麗だし格好いいしおいしいし。
何となく(漫画)「バサラ」のサラサを思い出しました。
いや、キャラクター全然違うしエリザベスのが強い女ですが。
でも、こういうキャラ好きです。芝居でやりたい役です。
ターナは結構好きな顔です。静かな熱さとクールな態度。
違った味で派手さにかけるけど良かったです。おつな感じ?
そしてジョニー・デップ070718_1835~0001.jpg
ほんま芸が細かいっどこ見ても退屈しない
濃いし、演技も顔も。派手だ。ユニークだ。
細かいところまで詰める演技と、場の雰囲気を壊さず、でも引いた演技ではなく。
器用ですね。ほんまに。

とにかく私の心をくすぐる設定や演出やキャラクターや。
テンション上がりまくってました
前の二作見直してもう一度見ようかなと思うくらい。
ちょっと前に海賊ものをやりたいなと言っていたのですが、
海賊ものでも何でもいいからドキドキする作品したいですね
ようやっと覚悟だけは固まる。後世に残る芝居をつくるべく生きる。しかしながら覚悟だけでは何も始まらない。試練が訪れるだろう。乗り越えられなければ朽ちるまで。
今年も祇園祭いけなかったどす。

京都三年目で、今年こそはと思っていたのですが、いけんかったどす。

そしてきっと来年もいけない気がバリバリします。

せっかく京都に住んでるのに。なんだかなあ。







2007.07.17 風邪気味?
この前起きたら喉が変でした。クーラーにやられました。
最近涼しいのに何故クーラーというのは突っ込まないでおきましょう
今日稽古での発声時に変な感じで声がでました。
いざ、台詞を吐いてみると思うように出てくれない。
これは風邪か?!
そういえばバイト先やコンビニでクーラーが寒くてぞくっとしたり、
くしゃみがやたら出たり、鼻がむずむずしたり、喉がイガイガしたり、
声が少しハスキー?とか寝起き?とか感じたりしてました。
ってかなり身に覚えが
って事で少し風邪気味?最近体調壊しすぎですね

稽古場の施設で(他の芝居の稽古に来ている)
一方的に知っている役者さんを初めてなまで見る。
写真で見てたのですが、可愛い人だなぁと思っていました。
そういう意味では女の子に目の無い私
なまで見ると「あ、この人主宰の好みだ」と直感しました
主宰、いかがですか?余計なお世話??
残念ながら、聡史の好みのタイプはまだ把握しきれてないのですが(笑)
私結構あてるのとくいです。またその内聡史の好みも
ちょっと精神的に疲労しているので話題が微妙ですが、
最近日記さぼってたから頑張って書いてみました。
ではでは。
2007.07.16 祇園祭
何だかばたばたしてご無沙汰してました。
最近、ばたばたしてるようなしていないような(あれ?)

明日で祇園祭最後ですねぇ。
私はお手伝いに行っていました。綾傘鉾に。
ASSASSINで衣装をした八木さんの父上のお手伝いで、
現場には勿論八木さんもいた。
070716_1752~0001.jpg記念に一枚。
八木さんは本当に「和」って感じだなぁ。(右側)うん、「和」が似合う。
…そういえば最近かみの毛の色を変えたが誰も気付いてくれない(悲)
自分の浴衣が早く着たいです!
お酒やら飲み物やらを配っていたのだが、意外に暇??
何となく過ごしてきました。
子供が手伝ってくれたりで、子供に構ってるのが楽しかったです。
今日は「お日和」という明日の天気を祈る為の巡行があり、
これには女の子も参加できるということで参加してきました。
烏丸から寺町通りまで四条通を巡行!気持ちよかったです。
贅沢言ったらお囃子とかしたいなぁ。鉾に乗りたいなぁとか言ってました。
後ろから付いて歩くだけといえばだけなんで。内輪配りながら。
見られる側と見る側に別れるって奇妙ですよねぇ。
どっち側でも団体だから芝居と明らかに違うけど、大きな音たてて、
棒振り回しながら(←先頭の見世物)歩くって爽快ですね。
芝居とは又違った感じで、他の鉾とすれ違ったら挨拶したり、
団体に所属している感覚って何だかほっこりします。
どの鉾も自分の鉾に誇りを持っているのでしょう。それも素敵です。
いい経験をしました。
2007.07.15 現状
まだまだやることはたくさんある。というか「たくさんある」てことしか分かってなくて、どうすればいいのかは分からない。方法はあるけど自分が混乱してる。そしてどうにもできないこともある。もどかしい。悔しい。

だめだめだ。
今日は練習後に熱海のうちいりに行ってまいりました。

会場は新町から自転車で3分ほどの「林」という居酒屋。

久しぶりのアルコール。久しぶりの飲み会。スタッフの人たちとは顔合わせ以来二回目でしたが、雰囲気がよくて、楽しい場でした。まあ多少しのぶさんが暴走ぎみだったりしましたが…。

いつも大人数の打ちばかりですが、人数の少ない飲み会もいいもんです。

さて、明日はお待ちかねのダンス練習!!
2007.07.11 なぜに?
このごろ声が思うように出ません。

大きな声でセリフを言うと、なんていうか気持ち悪いんです。必要以上に息をはいて声を出しているというか…。

はてはて?
2007.07.10 浴衣
浴衣を買いましたぁ
いや、もう多分十何年ぶりですよ、多分、浴衣なんて。
もって無かったんですよ。芝居芝居で色気のない生活してたんで(笑)
今年は思い切って買ってみました
070709_1534~0001.jpg070709_1535~0001.jpg
さんざん迷った挙句、赤にしました
と言っても前回の芝居のような朱に近い赤ではなく、ピンクに近い方。
赤の浴衣といえば帯は黄色が定番ですが、ココは天邪鬼なわたし。
白にしてみました。ある意味挑戦的だ
浴衣の模様はサクラで、帯には蝶々が入ってます。
右のアップの写真は髪飾りの蝶々を撮ったもの。蝶って何か好きですね。
巾着、というより籠の鞄は妹が内祝いのお返しに買ってくれました
サクラ模様です。
何かお金を最近使いすぎなのでちょっと自分にブレーキかけないと
夏なので最近はじけてます(?)いい年して(笑)
2007.07.09 夢とか恋とか
劇団ケッペキ伝統(?)企画。その名も


「夢☆恋企画」


真ん中の星はもしかしたらハートだったかも。これがなにかと説明しますと…

新入団員と仲良くなるために遊園地とか花火とかにいって、ひょっとしたらそれをきっかけに、嬉し恥ずかし「恋」なんかがめばえちゃうかも!!。

って企画なんす。

今日の例会で、今年はどうやら花火になりそう。なんですが…


なんですが…


予定日は八月上旬!熱海とどんかぶりやん!!

くそう!でも、

駒嶺の今年の夏は熱海ではじまるのだ!!花火に負けない熱いアツイ芝居にしますよ?!!

一昨日までのケッペキ公演に出演していたギャングさん(本名は宮地さん)が明日の練習から合流します。
2007.07.08 音響の楽しみ
音響の仕事は大変で1公演に1回くらいは鬱になるけど、何が楽しいって

自分で選んだ曲が芝居の中で流せるし、オペの緊張感は役者のそれとは少し違ってなかなかクセになるけど…

一番の楽しみは、公演終わってから使った曲を聞きつつ芝居のなかのそのシーンを思い返すことです。


終わって間がない公演の場合はセリフなんかも結構正確に思い出せるんですけど、一年以上たった公演は曲を聞いても頭の中で再現はできない。

でも、そのシーンの空気っていうか雰囲気は結構リアルに思い出せたりします。

こんなんだったなあ…って思い出してるうちに自分の世界に入っちゃって、時間を忘れることもしばしば。
2007.07.07 バイキング
贅沢な事にバイキングに行った。
最近写真を載せていないので載せてみる。
070706_1500~0001.jpg前菜070706_1522~0001.jpgメイン1
とにかく野菜系が美味しく感じた。
ミンチとじゃがいもの混ぜたのが美味しかった。
作り方調べて作ろうこれだけでご飯満足
注:一人分の盛り付けではありません。
何かバイキングって盛り付けを頑張ってしまいますよね、つか楽しい
この後にパスタを挟んで
070706_1607~0001.jpgデザート
ぶっちゃけると、普通に頑張り過ぎてあんまデザート食べれませんでした。
前菜で飛ばしすぎね
普通に働いていた時は何とも思わなかったですが、
すごい贅沢まぁ、ほぼおごりだったんですが
盛り付けを頑張ってしまうと、残さないで食べないとってなって、
結局首絞めてます
何かお腹がむちゃくちゃ膨れました。これぞ限界
これで太ったら笑うな

あ、プロレスすることになりました。目指すはインリンだそうです。
ん?私にしては新しいキャラ??
太ってプロレスしにくくなったらごめんなさい、相方さん。

あ。今日七夕ですね晴れるといいなぁ。
バイトの帰りに星が見れる事を期待して
2007.07.06 憂鬱
天気予報欄に並ぶ雨マークと曇りマーク。

今年の梅雨明けはいつだろう?晴れマークが見たいよう。

2007.07.04 脚本
過去さかのぼる事2001年度、つまり6年くらい前に書いたシナリオを掘り出した。
私はまだ高校生の時のもある訳だ。
舞台脚本とは又違う、放送部がするような放送劇のシナリオだ。
(別に私自身が放送部だったわけではないが)
一番最近のシナリオは舞台の脚本で書きかけの「極道モノ」だった。
2005年くらいのものだ。それでも既に2年弱前か。
これは企画段階でとある病気になった為挫折した企画だ。
(この企画に火ノ鳥も噛む予定だったが、懐かしい。)
その外いくつかシナリオがあるが、短編以外は読めたものではない。
流し読みしてびっくりした。
放送劇とかは学生を意識して(自分も学生だが)書いたのだが、
(コンクールとかに出した訳ではないけど、放送劇の認識がそんな感じだった)
「私」があった。そして短編少女漫画?のような印象だ。
大学に入ってからは殆ど書いていない。
書きかけが無残に残るが、私が書きたい形が見えた。
目指すは度派手なキャラクターモノらしい。
テーマとはそれたばかばかしい「ノリ」を目指しているようだった。
どうやら文章力語彙力、壮大な構成力、知識に欠けるため失敗している。
私のキャパは小さいらしい(笑)向いてないんだな。

最近というもの、一人で表現する表現方法から逃げていた。
元々一人で何か作るのは苦手で(極端な寂しがりや)
シナリオ書くキッカケも芝居始めたキッカケも全て友人だった。
私の趣味は全て友人から与えられたもので、唯一続いたのは、
そのキッカケの友人が居なくなっても仲間がみつかる芝居だった。
他はキッカケ後まで面倒みられている間は要望に応えて
趣味にしていた感じだ。どんだけ受身の人間なんだ(笑)
ある意味、そんな時は自分しか見てなかった気がするが。

又自分の能力に興味を注ぎ没頭するのも悪くないと思い始めた。
2007.07.03 芝居人
京都に越してきたときは家から少しでも出るときでもそこそこの格好をしないと恥ずかしくて家から出られなかったものです。


それが少したつと、家から歩いて一分のファミマまでくらいならボロいジャージでも行くようになり…

また少したつと、ジャージのまま自転車で松屋に行くようになり…

それが今では、大学とか飲食店にいっても全然平気なように。


でもまあ四条とかにそのカッコでいくのにはまだ抵抗あります。てか、そのラインは越えたくない。

さすがに。
2007.07.02 ファントム
何ヶ月、いや、一年くらい前に読みかけて、そのままだった本を完読。
「ファントム」いわゆるオペラ座の怪人だ。
元は英語かな?和訳されたものだから、文章表現に少し違和感があるが、
面白かった。何が何って、ファントムが格好いい。
そんな感想はよくあるのかも知れないが、
その恰好良さが神秘的に留まっていないから普通に惚れるという感じ。
いや、その天才な設定は神秘的というよりファンタジー?
有り得ないとか思うのだが、描きたい部分が人間っぽい部分で、
設定を上回る人間性がよい。変人なんだけど。。。
私はこんな狂った奴に惚れて死ぬなら本望だと思った。
姿の醜さと天才という非現実的な設定をプラスマイナスゼロで考えて、
その奥にあるファントムが求めるもの、ファントムの悲劇、人間性、
これがとても刺激的に感じられた。
よく知られるオペラ座に住む怪人のシーンは約全体の1/4程度。
ヒロインもそこでようやく登場する。
ラストは綺麗だった。ヒロインがファントムに惚れてしまう。
この様がいやに理解できてしまった。
悲しいが少し幸せな物語。人生なんてそんなものなのかな?
2007.07.01 買っちった。
大学の試験の過去問をとある所から買う。


一科目300円


んー、まあそんなとこか。それで単位とれるとおもえば。


全部で12科目。

300×12=3600円


…ん?ちょっと待て?

高くない?


過去問とはいえ、紙10枚そこらに3600円なんてそうそうないでしょう。

これってやってる側はぼろ儲けやん。それ考えるとなんかむかついて買いたくないけど、背に腹は代えられない。

本当にこれは買いなのか、疑問がぬぐえないまま、注文メールを送信。


やっぱり納得いかない…。

2007.07.01 病は気から
熱を出す。病が調子に乗っている。なめやがって。畜生め。いいかんじにふらふらしやがる。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。